工具と金属加工についてです 車いじりはリンクのダットサン サニー B10にブログを分けています


by rayzet

インバータスタンド1

f0178327_23384189.jpg
これはちと別件ですが、私はホームセンターで買ってきたさびの浮いた材料はざっくりとスクレーパやサンダーでさびを落として、写真のラストリムーバで処理をします
アンカー効果で塗装の食いつきもよくなるらしいですよ
大物はラストリムーバを染込ませたウエスでさっと拭いて、小さなものは漬け込みます


f0178327_23384931.jpg
こっちが本題、旋盤・フライスはインバータで駆動させます
旋盤はミッションつきですがより細やかな回転数制御と、より低回転のため
低回転時のトルクブーストも行います
フライスはベルト掛け替えなので、インバータの周波数変換で少し楽します
ボール盤もφ10以上のドリルでは回転数高すぎるので、インバータで落としてやります

インバータは装置の近く、手元において操作、回転数・電流の確認をしたいのでスタンドを作ります
これなんだか分かりますか?けがいて余分なところを切り取ります


f0178327_23385619.jpg
ホイールはミニの純正ホイール、これをスタンドの土台にします
ホイールのスタッドボルト穴に固定できるように穴を開けなおしました

で、これは単管パイプを立てるときの土台ですね
支柱には単管パイプを使います


f0178327_2339257.jpg
これはSUS板を切ったもの、たぶん430だと思います
ホームセンターの在庫整理見切り品、買い置きしました
とても加工しにくいですがSUS用のタップを使えばサクサク
ガンタップと言って切子は前に排出されます、止まり穴に使うとややこしいことになりますが、貫通穴だと切子を噛む確率が減ります


f0178327_2339873.jpg
インバータは汎用機械部品のジョイントに取り付けます
本来垂直取付けが基本ですが、表示が見たいので少しだけ角度をつけることにしました

ベースがインバータの取り付け寸法より小さいので作ったSUS板で挟むように取り付けます
できてみると簡単ですが初めどうするか結構考えました


f0178327_23391317.jpg
妙に幅が広いのはスイッチボックスを取り付けるため
ポストを取り付けます
左右とも同じように作り、スイッチボックスの位置はどちらでもいけます


f0178327_23392036.jpg
次はジョイントを単管パイプに取り付けるためのブラケット
t5のFBを切り出し面取り
ジョイント取り付けを確認します


f0178327_23392546.jpg
プレスで曲げ角度を決めたら単管パイプに溶接
苦手な隅溶接もまずまず

円弧を溶接するのは難しいです、ワークとトーチの距離や角度が変わるのでビードがよれたり大きさが変わったり....
でもがっちり着いていますよ


f0178327_23393190.jpg
ブラケットにキャップボルト止め
ヨシヨシ


f0178327_23393683.jpg
こんな感じ
地震や引っ掛けて倒れるとインバータ壊れるかな......
ホイールに重りつけますか......


f0178327_23394228.jpg
スイッチボックスにスイッチをつけていきます
ぎりぎりなのでクリアランス見ながら....
赤いのが非常停止、インバータへの正転・逆転信号を遮断します
中が周波数設定
一番下が3ノッチのトグルスイッチ、正転・停止・逆転です


f0178327_23394793.jpg
あとは配線サドルを取り付けて、色塗って.......



今日は久しぶりに最高の天気、チャリンコ乗ってぶらぶらするのが気持ちいいです
近くのパン屋さんのパンがまたおいしい
来週も晴れるといいな.....
[PR]
by rayzet | 2009-10-05 15:38 | 金属加工