工具と金属加工についてです 車いじりはリンクのダットサン サニー B10にブログを分けています


by rayzet

Hazet 差替えドライバ

f0178327_7402857.jpg

コーケンの差替えドライバが出てきました
差替え部分を抜きます、なんと樹脂製
がたつきがほとんどないので気に入っていますが、寿命は短そうです
また先端にビットをさすタイプと違い根元からシャンクを入れるので、狭いところにも入ります


f0178327_7403429.jpg

SUS303でφ10 _ 15mmのプラグを造ります
差し込み部分にビットを差し込むと貫通するので、これを貫通しないように奥に圧入します
ビットのお尻を樹脂ではなく金属で受けるので、ビスにドライバをしっかり押し付けられます
ただ長すぎて重くなりました


f0178327_7404536.jpg

何でもいいですが使っていないハゼット
プレスでシャンクを押し出します


f0178327_7405181.jpg

段がついているので奥行きを考え慎重に何度も違う径で穴あけをします
まずプラグを入れて次に差し込み部分、ぎざぎざがついているのでグリップの中で空転しないよう考え圧入代を決めます



f0178327_7405721.jpg

コーケンのスタンダードなサイズの差替えドライバも持っていますよ
でもグリップが好きになれなくて...
これで好きなハゼットのグリップで、好きなベッセルのビットを使えます
少しでも痛んだら簡単にビット交換ができますね




f0178327_741315.jpg

あとはキャブ用などにマイナスの先端を加工することがあるのですが、むやみにドライバの数を増やさなくてもビットだけとって置けます
マイナスって幅の割りに厚みが足りないことないですか?
あとは左右の張り出しが邪魔とか
ビットをグラインダで調整すると使いやすいですね


f0178327_741730.jpg

奥はハゼットの#2、まだまだ使えます
とても軽くて一番好きなドライバ、今回作った差し替えドライバで延命します
[PR]
by rayzet | 2009-10-26 07:41 | 工具