工具と金属加工についてです 車いじりはリンクのダットサン サニー B10にブログを分けています


by rayzet

フライス スローアウェイチップエンドミル製作

f0178327_11492498.jpg


これ、プロトタイプのつもりで手持ちのss400 Φ40で作りました
全長を決めたらチャックにくわえて端面削ります
端面が整ったらセンタドリルでもんで、回転センタで押さえます
あまり強く押しすぎないのがコツのような気がします、Φ30以下ぐらいの細いワークは常に、太くても直径より全長が長い場合は押したほうがよさそうです

写真のように段つきに切削します、Φ22(チャックにくわえる部分)Φ30(チャックの口に押し付けてダレを防ぐ部分)Φ40弱(チップ取り付け部)で、Φ22が仕上げをしてあります
ss400も100m/minを超えるときれいに光ります、ゆっくり削るとあら取りのΦ30,40のようになります


f0178327_11493477.jpg


手前は前回作ったフェイスミル、比較です
面取りして突っ切り、突っ切りの時センタで押すと突っ切る瞬間バイトが挟まりますよ
切削すると必ずカエリが出るので糸面取り(C0.1程度の面取り)はやりましょう


f0178327_11494432.jpg


傾斜バイスやブロックを使って60度の角度で固定します、丸棒なのでチャックでくわえて固定するとよさそうです
チップの先端が回転円のセンタに来るようよく計算して、チップ取り付け溝を切削します
私はチップ厚3.64mmで、Φ6のエンドミルを選択しました
チップの先がちょろっと出るような深さまで現物あわせで切削、次は固定ネジの取り付け穴を開けます

精度は必要ないので目測でチップに垂直にネジが当たるよう穴を開けます
ネジはM5のホローネジを選択、曲面に穴を開けるのでエンドミルで座を作ってテーブル位置を変えないようにドリルチャックに交換、Φ4.5の穴をあけます
あけたら面取りしてタップ、チップの取り付けにはt2のあて板を介してネジでとめます

側面にもチップを出したので側面削りや隅削りもできます
加工の幅が広がりそうです
[PR]
by rayzet | 2010-01-01 12:12 | 金属加工