工具と金属加工についてです 車いじりはリンクのダットサン サニー B10にブログを分けています


by rayzet

TL-FC16 シマノSSTの自作

回転テーブルの準備ができたので、テーブルを使った加工に入ります
テーブルが使いたかっただけですが.....


f0178327_059196.jpg

ジュラルミンA2017の円柱を削りだします
A2107は銅の混じったアルミだったと思いますが、比較的安くて削りやすい、溶接しないならよい材料です
強さもss400程度と車の部品にも使えますが、腐食が心配なのでアルマイトをかけるか取り付け場所には気を使う必要がありそうです


f0178327_059528.jpg

ワークをチャックに加えたら45度ずつ回して、エンドミルで切込みを入れていきます
この場合ドリルなど求芯性のある切削工具は不可、外に逃げます


f0178327_059916.jpg

片方の端面加工終了です
作っているものはチャリンコのクランクの位置決めボルト(写真左下の黒いの)を取り付けるためのSST
純正は樹脂のスピンディスクタイプ(写真右の黒いの)、レンチに取り付けられないくせに~1.5Nmのトルク指定あり

削ったら面取り、ヤスリとノガのナイフを使ってC0.1程度の面取りをします
めんどくさくも楽しい作業


f0178327_0591337.jpg

作っているSSTも反対面に差し込み角をつけられるとベストですが、ちょっと難しい
既存のソケットを利用するため、2面幅12.92の6角に削ります
またまた回転テーブルにトンボして取り付け、60度ずつ送って削ります



f0178327_059175.jpg

あまっていた コーケン 1/4sq 1/2inchソケットに圧入
2/100の締めシロなので万力で十分です、気持ちよく圧入できました
プレスはカジっていようがきつ過ぎようが、容赦なく圧力かけて下手するとワークを壊しますが、万力は手ごたえを感じながら圧力かけられるのが魅力です



f0178327_0592043.jpg

完成です、SUS303で作っても良かったかもしれません
作ってみると簡単ですがえらい手間がかかります、商売しようとするとMCで100コ単位で作らないとダメですね....


f0178327_0592558.jpg

使うときはこんな感じ、まずまずよくできたと思います
初めてはたいてい失敗するのですが、今回はうまくいきました
[PR]
by rayzet | 2010-09-02 12:59 | 工具