工具と金属加工についてです 車いじりはリンクのダットサン サニー B10にブログを分けています


by rayzet

COMPACT TOOL 揺動サンダー

磨きや研磨を行うサンダーは動きから大きく4つに分けられます


f0178327_2328219.jpg
グルグルと360°回転するシングルアクション、切削力に優れるためパテ研ぎや塗装の剥離に向きます
反面削りすぎたり傷が目立つため、磨きには向きません

ダブルアクション(ランダムアクション/オービット)は細かく振動(回転)しながらゆっくり回転(角型は回転しないよう固定されます)するイメージでしょうか
オービットダイヤと呼ばれる、振動幅が大きなほうが切削力に優れ、小さなものは磨きに向きます

上記2種が回転運動するのに対し、ストレートラインサンダーは前後に往復運動をします
切削力はそこそこ、角部の研ぎ出しに使い、縦傷が入ります
これは後日紹介します





f0178327_2328683.jpg
最後は今回紹介する揺動タイプです
これは回転運動ですが、小さな角度(たぶん3°~5°ぐらい?)で往復運動します
普通のサンダーのように円形のパッドを付けてもよいですが、板状のアタッチメントをつけることで他のサンダーとは違った使い方ができるようになります
指にペーパを巻いて使うようなイメージで、狭い部分にも使うことができます





このアタッチメントはメーカ純正もありますが、自分で作ってみました
ペーパの固定もマジックテープではなく、普通の耐水ペーパが使えるよう挟んで止めるようにしています


f0178327_23281033.jpg

[PR]
by rayzet | 2011-08-18 17:17 | 工具