工具と金属加工についてです 車いじりはリンクのダットサン サニー B10にブログを分けています


by rayzet

カテゴリ:金属加工( 111 )

H鋼購入 ラック改造

H鋼買って来ました
今までH鋼は鉄工所で切り出してもらっていましたが、近所のホームセンターで1000mmの切り売り発見
手軽に買えてありがたいです


f0178327_18473748.jpg



100X100です
H鋼かわいいよH鋼

これで万力台とベンチグラインダー台を作ろうと思います
厚さがあるので新しい溶接機全開ですね


f0178327_18475194.jpg


前の納屋で使っていた組み立てラックです
納屋は狭かったのでこんなラックで整理していました
キャスターをつけてまた使いたいなと、組み立てています



f0178327_184831.jpg


さてどんなキャスターをどうやって取り付けましょうか?
[PR]
by rayzet | 2010-09-07 18:49 | 金属加工


f0178327_1544893.jpg
しばらく前に買った回転テーブル、使うためにまずは段取りです
これが面倒なんです
チャックはボール盤などで使っていたもの、いろいろ使えるので何個かあるとよいです
これはこのままテーブルに固定しておくので、また新しいのが欲しいところ



f0178327_15441374.jpg
合うTスロットナットがなかったので、適当なものを作ります
FBの面を出して罫書き

市販で合うものを探すか、似たサイズを加工してもよいのですがちょうどよさそうなものがないので作ることにしました
何度も付けはずしをしたり、強く締め付けるものではないので簡単な造りにします



f0178327_15441956.jpg
穴をあけてタップを立てます
何かのおまけでついてきたクランプにあわせて、M8
スコヤと見比べなくてもだいぶ垂直にタップを立てられるようになってきました



f0178327_15442595.jpg
回転テーブルにチャックを取り付けることで、円柱を削れます
こんな感じで取り付けますが......



f0178327_15443051.jpg
テーブルとチャックの芯を出さないといけません
テーブル中心にΦ18の穴があるので、丸棒削って差し込みました
手前は17.98の失敗作、若干ガタがありました



f0178327_15443638.jpg
丸棒を加えて、チャックをクランプで固定
うまくいくかなーッと思ったのですが



f0178327_15444138.jpg
甘くはありません、若干触れがあります
チャックにテストバーを加えるといいのですがないので、真円度が高そうなエンドミルで代用
テーブルとチャックの芯が出たら、次はフライスの主軸と芯をあわせます
これでようやく回転テーブルを使う準備ができました



[PR]
by rayzet | 2010-09-01 16:22 | 金属加工

トレパニング

f0178327_9303034.jpg
横突っ切り、というか正面突っ切り?
ワークは板とは限りませんが、今回は円盤を切り出します
SUS430 t2

板材のトレパニングのコツは表と裏から切り込むこと、最後まで突っ切らないことですね
突っ切りバイトも曲率に合わせて逃げをつける必要があります




f0178327_9303970.jpg
でもまぁ、今回は正面からのみ切り込んで、最後はハンマで打ち抜きました
バイトもそのまま、t2なら何とかいける




f0178327_9304596.jpg
作りたかったのはガスタンクのふたです、センダーユニットがつくところですね
これでふたをして洗浄さびとりコーティングをします


[PR]
by rayzet | 2010-08-03 09:36 | 金属加工
ついに、ついに買いました、SOUL 6インチチャックです
逆爪つきはもちろんなんと新品!!!
定価は10万超えますし、中古機械屋さんでも5万円以上、程度のよいものにもめぐり合えず困っていました
それがようやくオークションで見つけました
オークションはここ数年モラルも低下していいものも減ったせいで、ほとんど利用していなかったのですがコレはオークションならではです

f0178327_22433138.jpg



旋盤を購入した時についてきたチャックはくたびれていて、切り込み3mmぐらいの重切削をするとワークがチャックに押し込まれたりしていました
それにもともとSOULのチャックなので、同じ種類でないとバックプレートが必要になるのでSOULを探していたんです
バックプレートとは旋盤の主軸(回転軸)とチャックの間に入るPCD変換プレートみたいなものですね
しばらくは黒皮で爪を痛めたりしないよう、油を差しつつ大事に使ってやろうと思います
[PR]
by rayzet | 2010-06-30 22:43 | 金属加工
f0178327_7505760.jpg

小型の安いタガネです
硬い材料使っていたり、焼きが入っていると加工しにくいので安いほうがよいです

JT6用のドリフトを作るのでφ17.5のドリルで穴を開けます、普通ドリルで穴が開きました
φは入力する時はファイ、現場でおっさんと話す時はパイ、エンジニアとして図面を書くときはマルと読みます
閑話休題、あまりまじめに取らないでね


f0178327_751290.jpg

使っているうちにパリパリ塗装が剥げるのがイヤなのと、気分の問題で全体を研磨しました
先端はもっと薄く、直線的にしたいのですが、もう面倒なのでコレでいいや


f0178327_7512321.jpg

使用後の写真ですが、穴にかかるように欠きを入れます
手持ちで高速カッターを使いました、危ないです


f0178327_7512713.jpg

機械屋さんでキーレスチャックをいくつか買ってきました
写真はBTのアーバが付いているのでATCの付いたマシニングで使っていたんでしょうね
BTアーバは要らないのでチャックを抜きます

写真のようにJTテーパの結合部分を、作ったドリフトの欠きにセットして上からもう一つ作ったドリフトを差込みプレスで押してやります
クサビが上下から打ち込まれるので、テーパが外れます
ジャコブステーパはナットがないとはずすのがタイヘン、普通のチャックだと貫通しているのでそのままプレスにかける事もできるのですがキーレスはそうも行きません


f0178327_7513375.jpg

前から興味があったので早速ばらしてみました
またもやベアリングの鉄球がばらばらと出てきます
中古なのでそれなりにヤレや痛みがありますが、丁寧にグリスアップです
何度も何度も組みなおして、実測で振れを1/100程度に修正しました
これから活躍してくれそうです

写真撮り忘れましたが、以前紹介したストレートアーバやMTアーバに取り付けて完成です、活躍してくれるでしょう
イロイロそろってきましたが、傾斜テーブルか傾斜円テーブルが欲しいです......
[PR]
by rayzet | 2010-06-21 16:08 | 金属加工

JT6ストレートアーバ

JT6にΦ22のストレートアーバを作ります
この小さなサイズ、なかなか売っていません

f0178327_6583518.jpg

丸棒から作るのは大変なので焼きの入っていない安いMTアーバを使います
両センタで削ってきます

f0178327_6584019.jpg

突っ切り、両センタの場合両端から押しているので、最後まで突っ切るとはさまれて事故です
分かっていましたが事故です

7割ぐらい突っ切って、最後は手で切ろうと思っていましたが、5割も行かないうちに折れて挟まって...
バイトが折れただけで済みましたが、気をつけましょう

f0178327_6584537.jpg

コレットチャックに挿してみましたがキツキツ、5/1000ぐらいペーパで落とします
手で持つと樽型や鼓型になるのでこんな感じでやってます

f0178327_6584964.jpg

完成です
手元にあったMT3を使いましたが、MT4ならもう少し長いものが作れました

f0178327_6585510.jpg

コレットチャックにはめるとこんな感じ

f0178327_659173.jpg

MT3のアーバで主軸に直接付けたほうが高さも稼げますし、精度や剛性面でも有利です
ただ引きネジはずして付け替えるのが面倒で
これならそのままコレットチャックにはめるだけなので効率アップです
[PR]
by rayzet | 2010-06-08 09:29 | 金属加工

ボーリングバイトホルダ

f0178327_6593368.jpg
センターファインダを作りました
センターファインダと言っても、円の中心をケガくためのものではなくチャックに加えたワークのセンター出しに使うものです
□20のキー材にピロをねじ込んで、ピロにはスリーブをかませつつケガキ針を挿して完成
写真のようにケガキ針の先端をワークのポンチ跡に押し当てて使います、回転させた時にポンチ跡が振れているとケガキ針の反対側が大きく振れるので分かります

センターファインダを使って作りたいのはボーリングバイトのホルダです
同じく□20のキー材、捨て削り用の板をかませてセンタを出します



f0178327_6593939.jpg
まずは下穴、無くてもよいです
カマセ板に干渉しない範囲で穴あけ、最終的に欲しいのはφ12(-0.00+0.05)ぐらい、ドリルのみの仕上げは厳しいです
リーマを通したりボーリングしたり、やり方はイロイロですが私はバニシングドリルを使いました



f0178327_659441.jpg
超硬の求心性の無いドリルで、カマセ板に引きずられることがありません
ホントはアルミなどに適合で鋼材には使いにくく、実際ひどく使いにくかったです
普通にリーマがあるとよかったのですがこのサイズは持っていませんでした



f0178327_6594931.jpg
こんな感じで完成です、刃物台にのせるだけで刃高が出ますし、止めネジでバイトごとホルダが固定できます
通常のドリルで開けた穴ではないので、開けっ放しでピタリとホルダがはまります

[PR]
by rayzet | 2010-05-17 12:51 | 金属加工
f0178327_654881.jpg
傾斜バイスで角度をつけて、さらにバイスに角度をつけてテーブルに固定
このバイスフライス用というわけではないのでつくりが貧弱、何とかしたいところです


f0178327_6541578.jpg
スクイ角をつけてチップ取付け面を切削しました
今回はエキセントリックシャフトを使わずねじ止めにします
ねじの位置決めは、ねじ穴を開けてからチップ取付け面を削るやり方と、ねじの取付け面にあわせてねじ穴を開ける方法があります
どちらも試しましたが後者が私にはよさそう
ただ今回はチップの角が当たる、隅のヌスミを入れずにねじ位置を決めてしまいました....


f0178327_6542897.jpg
そのまま逃げを切削します
適当に痛んだエンドミルを使いましたが、強ねじれの4枚刃あたりを使うときれいにいきます
ラフィングでざっくり削って、ヤスリで仕上げてもよいです


f0178327_6543718.jpg
最後にチップにあわせて、前逃げ面にさらに逃げをつけます
オイルストーンで仕上げをして完成


f0178327_6544614.jpg
□20を使って刃高が高いので合わせます、なぜか盛大にむしれました
これでC面取り以外にもR面取りができ、ワンランク上の加工ができます

[PR]
by rayzet | 2010-04-18 07:08 | 金属加工
f0178327_75426.jpg
マシニングのプラモデルです、すごく欲しくて、買いました
プラモデルなんて小学生以来で苦手ですが、がんばってみましょう
金型をマキノで作ったみたいですね、組み立て説明書もコラムの組み立て部にはコラムの、ベットのところにはベットの説明があり、プラモデルを組み立てながらマシニングに詳しくなれそうです
色も塗りたいのですが、エアブラシはありませんし、このためだけに塗料を何色も買うのはちょっと......
完成したら会社持って行って自慢します
いつか板金と削りだしで同じもの作ってみたいです
[PR]
by rayzet | 2010-04-08 12:53 | 金属加工


ヘッドのメンケンをするためには前に作ったフライカッタでは大きさが足りません
アプローチ角を大きくしたいところですが、大きくしすぎるとテーブルのストロークが足りなくなります


f0178327_726960.jpg

S45Cの丸棒Φ30とスピルキー□24


f0178327_7344415.jpg

なんだか不調です、軸を作りますが次々失敗
とりあえずカッタボディを作りましょう

旋盤も気になるところがあります
チャックの把握が甘い
怪しいうなり音がする


f0178327_7365685.jpg

Φ16.8のドリルでセンタに穴を開けます


f0178327_7393894.jpg

アジャスタブルリーマでΦ17.00にします


f0178327_7413960.jpg

端を切り欠いてチップをつけます
ナニ用か知りませんが鋭いチップ


f0178327_744715.jpg

ようやく作った軸を5/100の締め代で圧入
回り止めのピンを打つ予定でしたがいらないみたいです
チップは両端につけました、もう一方はスリットをあけてホローネジでとめます
ついているのはK10の超硬で鋳鉄ヘッドをメンケンしました

軸をつけてから、軸をくわえてボディーの端面を仕上げていたら
引っかかってチャックのところで空回り、コレットでくわえる軸が傷だらけ
せっかく▽三つで仕上げたのに、最後までけちがつきました
[PR]
by rayzet | 2010-03-28 07:49 | 金属加工